田舎暮らしを楽しもう!

田舎暮らし満喫

新築するかい?2

Posted by やまのももんが On 2月 - 13 - 2010 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

住宅展示場を見学に行ったら、翌日、営業マンがうちにやってきた。

家族は誰もいなかったけど、平日の昼間、私だけが休みで家にいた。

「古いお家にお住まいなんですね。築年数はどのくらいですか?」

余計なお世話だよ、と思いつつも

「もうすぐ100年です」

と正直に答えてしまった私。

「えっ?すごいですね!」

若い営業マンは本当に驚いたようだった。

「ありがとうございます。いろいろ思うところあって昨日お家を見せていただいたのですが、この家は歴史的にも価値があり(嘘)なかなか壊すことができないんです。土地からになると予算もなかなか難しくて・・・」

嘘ではないが新築を大分でするのに土地も買おうなんて考えたこともなかった。

「ちなみにこの家、解体したらいくらいすると思いますか?」

「そうですね、見積もってみないとはっきりとはいえないんですが・・・。今は解体も分別がうるさくて、いろいろとありますので・・・、そうですねぇ。300万円くらいはかかると思います」

まさかのビックリ価格。

解体に300万円もかかるなら、住宅を建てたらいくらくらいになるんだろう。

もう、恐ろしくてその先は聞けなかった。

私の驚きぶりを見て彼も驚いたようで会社のパンフレットをくれてそそくさと帰っていった。

そのあと、もちろん、帰ってきたダンナに報告。

ダンナの反応は「300万円!?」と全く私と同じものだった。

そんなわけで今回の「新築を大分で建てよう計画(案)」は見事なほどの結末を迎えたのだった・・・。

夢は捨てないけどね、それは今じゃなかったってことかな・・・。

新築、するかい?

Posted by やまのももんが On 1月 - 18 - 2010 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

今の家は昔の家で無駄に広い。

そして風通しがいいので夏涼しく、冬寒い。

今は地球温暖化と言われているから夏涼しいほうがいいのかもしれないけれど。

この家、もうすぐ100歳。

見た目は古いけれど、傾いているわけでもなく、床が抜けているわけでもなく・・・。

なにせ私のおばあちゃんが住んでいた家なので私にとっては大事な里の家ということになるから思い出もたくさん。

でも、都会でマンション暮らしをしていた私の家族にはやっぱり住みにくいみたい。

そんな事情があってかある日ダンナがぼそりとつぶやいた。

「新築、するかい?」

新築を大分で建てようなんて考えたこともなかった。

「この家でいいじゃん、何言ってんの?」と思ったけれど、バリアフリーとは程遠い段差だらけの家で、70歳を超えた両親が生活しているのを見ていたらいたたまれなくなったようだ。

私には全くそんな気はなかったけれど、ダンナと一緒にとりあえず大分市内のモデルハウスを見に行った。

私はなるべくお金がないフリをして「こんなのステキ~、でも高いんだろうな~」なんて言いながらいくつかのお家を見学した。

帰り道、車の中で

「本当に新築するつもり?」

と聞いてみると「

したいけどなあ、やっぱり無理かなあ。先立つものがないしなあ・・・」

男としては自分の家を持ちたい様子。

でも、確かに先立つものが・・・。

その先、無言で自宅までのドライブ。

翌日のこと。

ピンポーンと玄関のチャイムが鳴ってスーツを着た知らない男性が立っていた。

「私××ハウスの△△と申します。昨日はモデルハウスのご見学ありがとうございました!」

次回へつづく・・・