田舎暮らしを楽しもう!

田舎暮らし満喫

もちつき

Posted by やまのももんが On 12月 - 31 - 2010 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

年始用のもちをつきました。

でも、やっぱり、丸めるのが難しくてきれいな形にはなかなかなりません。

なのでみんな丸めて丸もちにしてしまいました。

九州は丸もちですが、関東は切り餅なんだそうですね。

関東に住んでいた頃、何にも考えていなかったのですが、大分に戻ってきたら当然のように丸もちでこれまた何も考えてはいませんでした。

ある日、スーパーで丸もちの真空パックを見かけ、あれ?と思った私。

私は真空パックの形に合わせてもちを四角くしているだけだと思っていました。

そうじゃなかったんですね。

なんのこだわりか全然知らないのですが、出来上がった丸もちを見ながらつくづく「不器用」だと思いました。

丸とか楕円とか、その域を超えているような・・・。

大分では新築の住宅を建てるときにもちまきをすることがあります。

これは全国的なものでもあると思いますが、時代の流れによって、今なかなか見かけることが少なくなったようです。

このもちまきのもちも、手作りする人がいます。

さすがに臼と杵は使わないのでしょうが、丸めるのも大変だと思います。

餅屋って今あまり存在しないかもしれませんね。

餅屋でなければ和菓子屋さんなどに注文するようです。

うちでももしかするとそのうちに新築の話が出るかもしれませんが餅まきはいらないかな・・・。

ちょっと恥ずかしい。

でもだんなや母がなんと言うか・・・。

建ててくれる工務店の集客に役立つならやってもいいかな。

まあ、まだ予定があるわけじゃないから考えなくてもいいのですが。

こういうこと考えながら日々、田舎暮らしを楽しんでます。

新築するかい?2

Posted by やまのももんが On 2月 - 13 - 2010 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

住宅展示場を見学に行ったら、翌日、営業マンがうちにやってきた。

家族は誰もいなかったけど、平日の昼間、私だけが休みで家にいた。

「古いお家にお住まいなんですね。築年数はどのくらいですか?」

余計なお世話だよ、と思いつつも

「もうすぐ100年です」

と正直に答えてしまった私。

「えっ?すごいですね!」

若い営業マンは本当に驚いたようだった。

「ありがとうございます。いろいろ思うところあって昨日お家を見せていただいたのですが、この家は歴史的にも価値があり(嘘)なかなか壊すことができないんです。土地からになると予算もなかなか難しくて・・・」

嘘ではないが新築を大分でするのに土地も買おうなんて考えたこともなかった。

「ちなみにこの家、解体したらいくらいすると思いますか?」

「そうですね、見積もってみないとはっきりとはいえないんですが・・・。今は解体も分別がうるさくて、いろいろとありますので・・・、そうですねぇ。300万円くらいはかかると思います」

まさかのビックリ価格。

解体に300万円もかかるなら、住宅を建てたらいくらくらいになるんだろう。

もう、恐ろしくてその先は聞けなかった。

私の驚きぶりを見て彼も驚いたようで会社のパンフレットをくれてそそくさと帰っていった。

そのあと、もちろん、帰ってきたダンナに報告。

ダンナの反応は「300万円!?」と全く私と同じものだった。

そんなわけで今回の「新築を大分で建てよう計画(案)」は見事なほどの結末を迎えたのだった・・・。

夢は捨てないけどね、それは今じゃなかったってことかな・・・。

はじめまして!

Posted by やまのももんが On 11月 - 10 - 2009 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

やまのももんがです。

田舎に住んでます。

都会に住んでいたこともありますが、あまりの住みにくさに田舎暮らしを選び、故郷、大分へ帰ってきました。

田舎暮らしと言っても、私がこどもだった頃に比べるとずいぶんと大分も都会になりました。

人口が全く違うのですが、そこそこに便利だし、必要なモノもちゃんと揃うし。

昔は、雑誌の発売日も2,3日遅れは当たり前だったけれど、今は流通も発達してほとんどの雑誌は発売日には手に入るようになりました。

時々、そうでないものもありますが。

大分といえば海の幸がおいしいと有名ですが、高級魚と言われるものはなかなか庶民の口には入りません。当然か。

でも、魚屋さんに行けば安くておいしい魚がいろいろ売っています。

野菜もいわゆる直売所があって朝採れ野菜を100円入れて買ってくることができます。

こういったところには旬の野菜しか並ばないので季節感もバッチリつかめます。

なんといっても安いのでスーパーの野菜コーナーへ行くときは、よほどほしい食材があるとき。

それ以外はあまりいかなくなりました。

お金さえ出せば季節を問わずにどんな野菜でも手に入る時代、旬のものを楽しむっていうのも大事なんじゃないでしょうか?

さて、そんな私ですが、元々が田舎者なので都会から田舎へ移り住んでもさほど気になりません。

田舎の人は都会に憧れ、都会人は田舎に憧れる、隣の芝生って良く見えるものです。

私は都会の便利さも知っているけれど都会へ行ったことで田舎のよさを知ることができました。

そんな私の日常を綴って生きたいと思います。よろしくお願いします。