田舎暮らしを楽しもう!

田舎暮らし満喫

床、ついに抜ける?

Posted by やまのももんが On 6月 - 13 - 2010 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

キッチン(うちでは台所と呼ぶにふさわしいのだが)の床がふわふわしはじめた。

毎日台所、いや、キッチンに立つのが恐ろしい。

困ったな、ついにリフォームか?

その時に思い浮かんだのがだいぶ前にやってきた大分の不動産屋だった。

ドキドキしながら電話をして話をしてみたら、すぐに見積もりに来てくれて、工事の日取りまでぱたぱたきまった。

工事の日、私は仕事でいなかったけれど、父と母が立会い(とはいっても何もしないけど)床の張替えが行われた。

工期1日。

家に帰るとぴかぴかの床が私を迎えてくれた。

「おおー!リフォームってすごいなあ!」

実は以前、私も不動産屋に勤めていた。

本業の不動産業務はほとんど儲からず、管理していた賃貸物件の営繕で稼いでいた。

私は何もできないけれどお手伝い要因として現場で作業の手伝いをしたことがある。

本当は今日の作業も見ていたかった。

きれいになっていく過程を見るのって楽しいから。

「一日で終わりますよ」と言われて「本当かな」と思っていたけれど本当に終わった。

さすがプロ。

すごいなあ。

父いわく「滑りにくかったこの引き戸を滑り易くしてくれて助かった」

ありがたいことだった。

数日後、お金を払いに不動産屋の事務所を訪れた。広くてきれいな事務所だった。

お金を払ったあと、台所がきれいになってうれしいということと、引き戸の件のお礼を言った。

担当者は「喜んでもらえてよかった。お父さん、開け閉めするのが大変そうだったから敷居すべりをしいただけですよ」と笑顔で応えてくれた。

サービスよりもその気持ちが嬉しかった出来事だった。

ありがとう。

買ってくれるかな?

Posted by やまのももんが On 4月 - 3 - 2010 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

この間、初体験の訪問者。

大分から不動産屋が来た。

前に来た住宅営業マンと同じように

「築何年くらいですか?」

「100年です」

「すごいですね~」

「敷地は何坪くらいですか?」

「300坪です」

「広いですね~」

「畑とかもあるので。今のところ、おたくにお願いするようなお話は残念ながらありませんので申し訳ありませんがお引取りください」

と返した私に、

「突然で申し訳ありませんでした。私共は不動産も建築もやっております。リフォームもさせていただいておりまして、何かお役に立てることはないかと思うのですが・・・。」

「そうですね。家は先祖からもらって大切に住んでいるものなので今のところどうこうしようと言うつもりはありません。取り立ててすぐに動きたいとこともないですし。ご縁がありましたらまた。」

と私は上手に断ったつもりだった。

「そうですか、御用の際には是非お声をかけてください」

そう言って大分の不動産屋は帰っていった。

もらった名刺に載っている「不動産」の文字。

これって、もしかして、この家買いに来たのかな?

違う、土地だ。

土地を買いに来たのかな?

ここ、いくらくらいで売れるんだろう?

えー、もし売っちゃったら家、新築できるかな?

頭の中を甘い誘惑が駆け巡る。

ちょっと待って。

ここを売って新築ってそんなにカンタンにできるわけない。

頭の中で妄想が始まった。

帰ってきたダンナに興奮気味に報告するとダンナは一言。

「そんなことしたら庭も畑もなくなるよ、それでいいの?」

そもそも新築の話を始めたのはダンナだったじゃん。

なのになんでそんなに冷静なの?

ヘンな夢を見て疲れた日だった・・・。