田舎暮らしを楽しもう!

田舎暮らし満喫

ひなまつり

Posted by やまのももんが On 3月 - 18 - 2011 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

女の子の節句、ひなまつり。

毎年ひな人形を飾るのに結構な時間と気を遣います。

うちのひな人形は娘に私の両親が買ってくれたもの。立派な親王飾りです。そのほかは後で付け足せるといわれたけれど、そんなにたくさんは飾るのも保存するのも大変だから、結局親王飾りのままでした。

毎年、置く場所は決まっているのですが、それに伴い、掃除をしてほこりをはたき、きれいに並べて写真を撮ります。場所も人形も同じものなのに、毎年写真を撮ります。なぜか、記念になっています。

飾る場所は床の間です。古い家なので立派な床の間があります。そこに雛人形を飾るととても優雅で素敵になります。やっぱり、古い家だからこそのこの美しさになるのでしょう。

大分のあちらこちらでひな祭りをやっています。天領日田のひな祭りは有名です。他にも小さなひな祭りがたくさんあります。出かけると楽しいかもしれません。

先日、あまり行かないショッピングセンターに行くと、近くの保育園児が一生懸命作ったと見られる紙細工のお雛様がたくさん飾ってありました。この子達のおうちにもお雛様があるんだろうな。もしかすると、まだ賃貸住宅暮らしで置くところがないといって持っていないかもしれない。賃貸住宅は収納が少ないから・・・。

注文住宅を建てたなら、床の間を作ったり収納を造ったりして置き場所に困らない家を新築したいと思っている親御さんもいることでしょう。

中古マンションを購入しても床の間はないところがほとんどでしょうが、中古住宅なら立派な床の間がある家も少なくないと思います。

床の間でなくても、毎年お雛様の居場所を悩まなくてもよくなると思ったらうれしいかもしれません。

女の子がいつまでもきれいですこやかに成長されますように!