田舎暮らしを楽しもう!

田舎暮らし満喫

Archive for the ‘家造り’ Category

日本の原風景を守る

Posted by やまのももんが On 5月 - 27 - 2013 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

  日本家屋には杉の木材が建材として多様されます。この杉の産地は各地にあります。そして山形県の金山町も有名な杉の産地のひとつです。

 土地柄、自然の豊富な山形住宅には、昔から木材がふんだんに使用されています。その中でもこの金山杉を使用した日本家屋は、外観を目で見て楽しめる美しさがあります。

 金山杉の特徴は、木目が細やかで美しいことです。それは雪深く厳しい冬の気候のもとで育つためです。通常の杉より生長するのに時間を要してしまいます。ゆっくりと時間をかけて育つ金山杉の年輪は緻密で均一に刻まれています。材質が強靭である為、寸法取りに狂いが生じにくい特質から、住宅の建材として認められてきました。

 金山町では「金山街並み景観条例」があり、地域風土に適した住宅の形を守るよう推進が進められています。

 金山住宅の特徴として、しっかりとした切妻屋根と雪化粧されたような漆喰の白壁、金山杉による下部板があげられます。壁に張られた板は柿渋色に染まり落ち着いた雰囲気を醸しだしています。それとは相反するようにして際立つ眩しい程の白壁は、金山杉に息吹を与えているようです。暫くの間眺めていたくなるような、芸術的姿を持つのが金山住宅のすばらしいところです。

 室内においてもふんだんに金山杉が使用されています。木のぬくもりに包まれた温かな空間は安らぎを与えます。

 新しいものを求める貪欲さも大切ではありますが、日本には、金山住宅のように日本の風土と気候に合わせて大切に作られてきた住宅が、各地に残っています。こういった住宅のある街並みや景観を少しでも多く保存して、大切に受け継がれていくことが、これからは必要なのではと思います。

プラネタリウム

Posted by やまのももんが On 12月 - 25 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

 先日、私の友人が仕事の激務とプライベートの心配事が重なって、体は疲れているのに、なかなか眠れない状態になりました。それでも、仕事を休むことができないので、無理して、頑張っていたら、過労で倒れていました。彼女の精神状態を心配したご主人が、寝室に家庭用のプラネタリウムを設置してくれました。これは、世界初の光学式の家庭用のプラネタリウムで、業務用並の60000個の星が投影される本格的なものだそうですが、価格は23000円程度で、案外、手軽だったそうです。

まず、寝室のベッドに入り、ホルストの組曲「惑星」のCDをかけます。照明を消して、プラネタリウムのスイッチを押すと、天井に満天の星空が投影されます。本当は、高原に静養に行って、本物の星空を見せてあげたいと思ったそうですが、過労で、体力をなくしているので、寝室をプラネタリウムにすることを思いついたのだそうです。そう言えば、昔、プラネタリウムを見学すると、途中からうとうとして、熟睡していました。最後まで見ていたいと思っても、プラネタリウムというのは、どういったものでしょうか。すごくリラックスして、眠りに誘われます。このリラックス感を利用しようというわけです。御主人の友人に、このプラネタリウムを購入して、楽しんでいた友人がいて、実際に体験させてもらいました。もう少し、おもちゃみたいな簡単なものだと思っていましたが、想像以上のものでした。

人間は、やはり自然の中で癒されていくものです。友人は、久し振りにゆったりとした、穏やかな気持ちになったそうです。だんだん眠れるようになり、体力も復活していきました。まさか、自宅にプラネタリウムができるとは思っていませんでしたが、寝室が素敵な空間になりました。

山形での素敵な住まいとの出会い

Posted by やまのももんが On 8月 - 28 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

 私が大学時代に旅行した山形県は県の約8割が森林で、その森林も深く、豊かで、まだ、巨木が残されています。

特に、新庄市から出発する金山の街並みと巨木巡りが印象に残っています。地元で夫婦杉と言われている巨木は、「となりのトトロ」のように見えるため、人気です。

金山杉を使い、金山大工が建てた金山型住宅は、切妻屋根と白壁に金山杉の下見板張りが特徴で、街並みが保存されています。

私は建築の専門家ではないのですが、日本各地の古い建物を見るのが好きで、旅行したら、必ず、その土地に古くから残る街並みなどを見に立ち寄ります。

白壁の白と黒かこげ茶の杉板のコントラストがとてもモダンで、現代にも通じる素敵な建物です。どこか懐かしくて、日本人ならすーっとなじんでしまうような感じですが、この金山型住宅は、今の時代では、とても贅沢な住宅になってしまいました。

住まいを建てる時、そこの地域で調達できるもので建てるのが一番良いと言われています。山形の四季を何年も経験した金山杉で住まいを建てるということは、見栄えや耐久性だけでなく、その土地の人の健康を守ってくれます。日本全体からしても、各地に銘木と呼ばれる木材があります。もちろん、木造建築だけでは、今の町を作っていくことはできません。

しかし、構造材としての利用が難しい場合でも、フローリングや壁や天井などに木材を使うことで、居住性が増していきます。

私が住まいを建てる時、できる限り、木や竹や和紙などを使って、内装することができたらと思います。

機会があったら、同じ杉である京都の北山杉や宮崎の飫肥杉など各地の杉を見てみたいと思います。同じ杉でも、暖かいところで育った杉と寒冷地で育った杉では、どのように違うのでしょう。すごく興味がわいてきます。

ひなまつり

Posted by やまのももんが On 3月 - 18 - 2011 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

女の子の節句、ひなまつり。

毎年ひな人形を飾るのに結構な時間と気を遣います。

うちのひな人形は娘に私の両親が買ってくれたもの。立派な親王飾りです。そのほかは後で付け足せるといわれたけれど、そんなにたくさんは飾るのも保存するのも大変だから、結局親王飾りのままでした。

毎年、置く場所は決まっているのですが、それに伴い、掃除をしてほこりをはたき、きれいに並べて写真を撮ります。場所も人形も同じものなのに、毎年写真を撮ります。なぜか、記念になっています。

飾る場所は床の間です。古い家なので立派な床の間があります。そこに雛人形を飾るととても優雅で素敵になります。やっぱり、古い家だからこそのこの美しさになるのでしょう。

大分のあちらこちらでひな祭りをやっています。天領日田のひな祭りは有名です。他にも小さなひな祭りがたくさんあります。出かけると楽しいかもしれません。

先日、あまり行かないショッピングセンターに行くと、近くの保育園児が一生懸命作ったと見られる紙細工のお雛様がたくさん飾ってありました。この子達のおうちにもお雛様があるんだろうな。もしかすると、まだ賃貸住宅暮らしで置くところがないといって持っていないかもしれない。賃貸住宅は収納が少ないから・・・。

注文住宅を建てたなら、床の間を作ったり収納を造ったりして置き場所に困らない家を新築したいと思っている親御さんもいることでしょう。

中古マンションを購入しても床の間はないところがほとんどでしょうが、中古住宅なら立派な床の間がある家も少なくないと思います。

床の間でなくても、毎年お雛様の居場所を悩まなくてもよくなると思ったらうれしいかもしれません。

女の子がいつまでもきれいですこやかに成長されますように!