田舎暮らしを楽しもう!

田舎暮らし満喫

日本の原風景を守る

Posted by やまのももんが On 5月 - 27 - 2013 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

  日本家屋には杉の木材が建材として多様されます。この杉の産地は各地にあります。そして山形県の金山町も有名な杉の産地のひとつです。

 土地柄、自然の豊富な山形住宅には、昔から木材がふんだんに使用されています。その中でもこの金山杉を使用した日本家屋は、外観を目で見て楽しめる美しさがあります。

 金山杉の特徴は、木目が細やかで美しいことです。それは雪深く厳しい冬の気候のもとで育つためです。通常の杉より生長するのに時間を要してしまいます。ゆっくりと時間をかけて育つ金山杉の年輪は緻密で均一に刻まれています。材質が強靭である為、寸法取りに狂いが生じにくい特質から、住宅の建材として認められてきました。

 金山町では「金山街並み景観条例」があり、地域風土に適した住宅の形を守るよう推進が進められています。

 金山住宅の特徴として、しっかりとした切妻屋根と雪化粧されたような漆喰の白壁、金山杉による下部板があげられます。壁に張られた板は柿渋色に染まり落ち着いた雰囲気を醸しだしています。それとは相反するようにして際立つ眩しい程の白壁は、金山杉に息吹を与えているようです。暫くの間眺めていたくなるような、芸術的姿を持つのが金山住宅のすばらしいところです。

 室内においてもふんだんに金山杉が使用されています。木のぬくもりに包まれた温かな空間は安らぎを与えます。

 新しいものを求める貪欲さも大切ではありますが、日本には、金山住宅のように日本の風土と気候に合わせて大切に作られてきた住宅が、各地に残っています。こういった住宅のある街並みや景観を少しでも多く保存して、大切に受け継がれていくことが、これからは必要なのではと思います。

移住者募集!

Posted by やまのももんが On 4月 - 20 - 2013 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

  買い物から帰って来た奥さんですがお揃いの弁当箱を買ってきたようです、Aさんがつぶやいておりますが「まったく同じ弁当箱だな、色違いにするとかすりゃーいいのに!」・・「何か言ったぁ!」・・「いやいや別に・・・」

奥さん明日は婦人会の集まりがあるのです「明日弁当作っといてよ!」・・「はいはい!」

さて当日、一生懸命に弁当を作っているAさん「そうだ!シュウマイに超下剤を仕込んでおいてやろう!」

さぁ出発する奥さんに弁当を手渡すAさん「気を付けてねぇ!」・・・「必殺仕込み人 なーんちゃって、フォーッホッホッ!」・・・バレませんかねぇAさん!

さて、札幌で賃貸業をしているAさん宅へBさんがお別れを言いに来たようですが一体どうしたのでしょうか?

話しを聞くと何でも田舎暮らしを決意したそうで移住者募集に応募するそうなのです。

どうやら仕事も斡旋してくれるそうで新生活のめどが立ったと言うのです。

条件を聞いてみると土地は100坪前後なのだそうで固定資産税を納めれば良いそうなのです。

ある一定期間内に簡易住宅ではだめで基礎のあるきちんとちした住居を建築しなければならないそうで建築後5年居住すると所有権の移転を自費で行えば土地はただなのだそうです。

そして建築後10年間は売却や転居や転貸しなどはできない、以上の契約書を交わすそうなのです。

確かに仕事まで世話してくれてこの条件なら良いかも知れませんがBさんひとつ悩みがあるそうなのです。

というのは遠くに行くので建築するのに建築屋をどうしたら良いか考えているそうで仮に移住先の人に紹介してもらったとしても大金がかかる建築を素人の紹介で建てて失敗したらと思うと相談も出来ないそうなのです。

そこで素人のAさんが出した案は「それだったら大手のハウスメーカーにしたら!」というもので、ハウスメーカーなら建物は商品化されていて全国どこで建てても同じだろうし、もし腕の悪い工務店を下請けに使っていたら損害をハウスメーカーが受けるのでその心配も少ないだろうというのです。大手のメーカー選びなら全国どこに住んでいても出来そうなのでこの案でやってみる事にしたBさんでした。

さて、奥さん途中で忘れ物に気付いて家に帰って来ましたがAさんはトイレのようです。

テーブルの上にある弁当を見ると「どうせ自分のにいいおかず詰めてるんだろうねぇ!」さっと弁当を交換すると急いで出かけて行きました。

さぁ今日は釣りに出かけたAさんですが船上で「そろそろ昼だなぁ、今頃かみさん フォーッ!とか言ってんじゃねぇかな!ヒッヒッ!」パクパクッ!「ンンッ、ンンンッ!まずい、出ちゃう」ゴロゴロッ「フォーーッ!」ビチビチッ!・・・バレなくて済みましたねAさん!

さて皆さん、田舎に移住するBさん、羨ましいですが遠方での建築はやはり大手ハウスメーカーが良いのでしょうか?

そばアレルギー!

Posted by やまのももんが On 3月 - 19 - 2013 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

   Aさん今日から精密検査を受けるため一泊の人間ドッグなのですがなにしろ入院するのは初めてなので不安で仕方ありません。

病院の職員に何か聞かれているようですが「何かアレルギーはありますか?」・・「はい、そばのアレルギーなんです!」・・「はい、分かりました。」・・・Aさん頑張って下さいね!

さてAさんは今考えている事がありますが・・「断じて行えば、鬼神もこれを避く、というがやっぱり本気でやるしかないぞ!」

実はAさん今住んでいる土地建物を売却し田舎暮らしをしようと思い迷っていたのです。

最近友達から情報が入ったのですが海沿いの田舎町で引越してくれば土地をただでくれるというところがあるのですがそれも200坪前後の大きい土地なのです。

願ってもないチャンスなのですが以前より田舎へ移住して養殖をするのがAさんの夢だったのです。

Aさんは魚を育てさせればプロ顔負けで頭の中には殺菌灯やイオン交換樹脂を使ったろ過・殺菌システムなどアイデアが溢れています。

この土地なら住居を建てて養殖場も出来ますし資金面でも土地に資金がいらないので心配なさそうです。

まずは土地建物の売却ですが見栄えを良くするために最低限のリフォームをしてクリーニングは家族でなんとかやる予定です。

転居先の建物は建築屋さんに建ててもらいますが養殖場はH鋼を組み屋根だけ作ってもらい後は自分で作ってしまうつもりなので資金を大分節約出来そうです。

仲の良かった不動産屋さんに売却してもらうのですが引越してしまうとなかなか会えなくなるのでちょっと寂しいですがいよいよ移住計画のスタートです。

さて病院で夕食が運ばれて来ましたが「メンが晩飯なんて珍しいなぁ、俺味音痴なんだよなぁヨモギうどんかなぁ?」ズルズルー・・・「ホッホッホッ、、ヒーー!」なにやらAさんの様子がおかしい「Aさん大丈夫ですか?」緊急事態ですAさん集中治療室へ運ばれましたがなんでも職員がコンピューターにアレルギーの入力をした時にそばではなくサバと入力したようでそばを食べてしまったのです。

危険な状態らしいのですが・・・死んでしまったらズッコケ話し聞けなくなってしまう、死ぬなAさん!

という事で皆さん、田舎暮らしを募集しているところが結構あるようですが良いと思いませんか?

お坊ちゃま!

Posted by やまのももんが On 2月 - 10 - 2013 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

会社員のAさんですがもう還暦間近だというのに役職は平社員で出世の見込みはなさそうです。

そんなAさん今日は天気も良い事だし散歩でもしようかと出かけましたが方向音痴なAさんはやっと公園までたどり着きました。

ベンチに座りふと見ると携帯電話が落ちているではありませんか、拾い上げて周りを見ましたが持ち主らしい人はいません。

「しょうがないなぁー!」持ち主に電話してあげる事にしました「携帯落ちてましたよ!」すると

「あ、そう!ふんじゃ2丁目のコンビニに3時に持って来てくれっかな!」カチャン・・プー!

「なんて野郎だぁ!行ってぶっとばしてやるぅ!」・・・喝を入れる必要がありますよAさん!

さて、定年退職が近いAさんですが退職後は田舎暮らしをしたいと考えております。

から見える自然の風景、それがAさんの夢です。

調べてみると田舎で移住者の募集をしているところは結構あるのです、しかも条件をクリアすれば土地をくれるなんてところもあるのです。

しかし建物の建築が条件になっているので建築費用はかなりかかりそうです。

そもそもそういうところの土地は買ってもいくらでもありません、今Aさんが住んでいる地域の土地10坪分以下でかなり大きな土地が買えそうです。

価格でいうと十分の一程度なのです。

そこでAさんは田舎に70坪程度の土地を購入し何とか安くて綺麗で住み心地が良い建物が出来ないか考えております。

そこで考えたのが小規模の建物と簡易建物の合体というもので、まず母屋は5坪程度の平屋でこの建物は寝室とバスルームを作ってもらいます。

そして家型トレーラーハウスを母屋と行き来できるよう接続してもらいます。

このトレーラーハウスはキッチン、トイレ、照明など内装が出来ているものが売られているのですがここをリビングなどの日常生活の場とします。

さてこの案はいくらくらいかかるでしょうか?大体700万円~800万円くらいで出来そうです。

この建物を造った場合の床面積は20坪弱くらいなので敷地内に50坪程度の余裕がありますのでAさんの趣味である菜園や庭造りも楽しめそうです。

この案で進める事にしたAさんでした。

さて皆さん、小さな小さな注文住宅に簡易住宅をくっつけたちょっと変わった住居ですがなかなか良さそうに思いますがどうでしょうか?

過疎地と移住者の関係

Posted by やまのももんが On 1月 - 16 - 2013 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

  生まれ育った場所、仕事の都合で暮らしていた街。

 一生のうち、一度は引越しというものを体験する人がほとんどだと思われます。

 もしも人生の中で自分の意思で選んだ場所に暮らしてみたいと思ったことがあるのであれば、いつかは実現させてみたいですよね。

 最近は都会を離れて静かな場所で暮らすことを選択するIターン族がにわかに増えてきています。都会は交通の便がよく、ショッピングや娯楽に事欠くことはありませんが、その反面で犯罪性が高く、公害や騒音問題などのマイナス面もつきものです。なにかとストレスが多いのも都会の特徴で、時間に追われたようなせわしなさがあるのも都会なのです。

 それに引き替え、田園風景や山系の広がるいわば田舎と呼ばれる場所は、のんびりとしていて人もおだやかな印象を受けます。物流や娯楽の乏しさがあってもそれを補えるだけの自然や人の温もりがそこには存在します。

 ストレスにまみれた生活から一転、こうしたのんびりとした暮らしを手に入れたい。田舎暮らしを選ぶ人たちは絶えないわけです。実際に過疎の問題を抱える市町村ではこういったIターン層を受け入れる対策を講じています。たとえば佐賀で住宅を提供して移住体験をしてもらうという企画を立案している市があります。滞在中は農業体験をしたり、古民家を再生する家づくり体験をしたり、移住するにあたり必要となる物を実際に体感することで現実性を持ってもらうというものです。

 移住を希望する人にとっても、空き家を無くして街を活性化させたい自治体にとってもプラスとなるよい取り組みだと思います。

プラネタリウム

Posted by やまのももんが On 12月 - 25 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

 先日、私の友人が仕事の激務とプライベートの心配事が重なって、体は疲れているのに、なかなか眠れない状態になりました。それでも、仕事を休むことができないので、無理して、頑張っていたら、過労で倒れていました。彼女の精神状態を心配したご主人が、寝室に家庭用のプラネタリウムを設置してくれました。これは、世界初の光学式の家庭用のプラネタリウムで、業務用並の60000個の星が投影される本格的なものだそうですが、価格は23000円程度で、案外、手軽だったそうです。

まず、寝室のベッドに入り、ホルストの組曲「惑星」のCDをかけます。照明を消して、プラネタリウムのスイッチを押すと、天井に満天の星空が投影されます。本当は、高原に静養に行って、本物の星空を見せてあげたいと思ったそうですが、過労で、体力をなくしているので、寝室をプラネタリウムにすることを思いついたのだそうです。そう言えば、昔、プラネタリウムを見学すると、途中からうとうとして、熟睡していました。最後まで見ていたいと思っても、プラネタリウムというのは、どういったものでしょうか。すごくリラックスして、眠りに誘われます。このリラックス感を利用しようというわけです。御主人の友人に、このプラネタリウムを購入して、楽しんでいた友人がいて、実際に体験させてもらいました。もう少し、おもちゃみたいな簡単なものだと思っていましたが、想像以上のものでした。

人間は、やはり自然の中で癒されていくものです。友人は、久し振りにゆったりとした、穏やかな気持ちになったそうです。だんだん眠れるようになり、体力も復活していきました。まさか、自宅にプラネタリウムができるとは思っていませんでしたが、寝室が素敵な空間になりました。

論語!

Posted by やまのももんが On 9月 - 6 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

  最近ちょくちょく新興宗教団体の信者に勧誘されて困っているAさんですが「あんなのやるんだったら論語の勉強でもした方がましだ!」

無宗教主義のAさんですが信じられるのは目に見える現実と信頼できる人だけなのだそうです。

さて定年まであと僅かになったAさん、アパート住まいなのですが定年後の事を考えています「持ち家があるのにセカンドハウスを作って田舎との生活を交互にしている人がいるが何とも羨ましいなぁ。」実はAさん定年後は田舎暮らしをしたいのですが土地建物を用意するとなると土地は安いが建物は結構な額になりそうだし、貯蓄はそこそこありますが年金の支給までの空白の期間を考えると余力を残しておきたいと考えているのです。

色々探しているうちに家型トレーラーハウスというのを見つけました。

トレーラーハウスといっても外見はれっきとした家なのです、内装も綺麗でしたが照明は勿論の事、風呂、キッチン、トイレが付いていてすぐ住めそうなものが売られているのですがなんといっても価格が安いんです。

高級車を買うくらいの価格で売られていてAさんすっかり気に入ってしまったようですが中でもウッドデッキをつけたものが見本で展示されていてなかなかおしゃれなのです。

陸送するだけですので建築の必要は無いのでAさんの定年後は田舎に安価な土地を買い家型トレーラーハウス・ウッドデッキ付で決まりのようです。

さて自室で瞑想しているAさん「君子は道を謀りて食を謀らず!」これが私の答えだ!・・・どうやら開眼したようですが、その通りだと思いますよAさん!

さて皆さん、Aさんの田舎でのセカンドライフはトレーラーハウスのようですがこれがなかなか良さそうなのです、一案としていかがでしょうか?

山形での素敵な住まいとの出会い

Posted by やまのももんが On 8月 - 28 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

 私が大学時代に旅行した山形県は県の約8割が森林で、その森林も深く、豊かで、まだ、巨木が残されています。

特に、新庄市から出発する金山の街並みと巨木巡りが印象に残っています。地元で夫婦杉と言われている巨木は、「となりのトトロ」のように見えるため、人気です。

金山杉を使い、金山大工が建てた金山型住宅は、切妻屋根と白壁に金山杉の下見板張りが特徴で、街並みが保存されています。

私は建築の専門家ではないのですが、日本各地の古い建物を見るのが好きで、旅行したら、必ず、その土地に古くから残る街並みなどを見に立ち寄ります。

白壁の白と黒かこげ茶の杉板のコントラストがとてもモダンで、現代にも通じる素敵な建物です。どこか懐かしくて、日本人ならすーっとなじんでしまうような感じですが、この金山型住宅は、今の時代では、とても贅沢な住宅になってしまいました。

住まいを建てる時、そこの地域で調達できるもので建てるのが一番良いと言われています。山形の四季を何年も経験した金山杉で住まいを建てるということは、見栄えや耐久性だけでなく、その土地の人の健康を守ってくれます。日本全体からしても、各地に銘木と呼ばれる木材があります。もちろん、木造建築だけでは、今の町を作っていくことはできません。

しかし、構造材としての利用が難しい場合でも、フローリングや壁や天井などに木材を使うことで、居住性が増していきます。

私が住まいを建てる時、できる限り、木や竹や和紙などを使って、内装することができたらと思います。

機会があったら、同じ杉である京都の北山杉や宮崎の飫肥杉など各地の杉を見てみたいと思います。同じ杉でも、暖かいところで育った杉と寒冷地で育った杉では、どのように違うのでしょう。すごく興味がわいてきます。

北の大地で第二の人生を…

Posted by やまのももんが On 7月 - 16 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

 私の父の後輩が札幌に転勤になりました。

東京や大阪に住んでいた経験から素敵な賃貸物件が多いこと、東京や大阪に比べて家賃が低く抑えられていること、何よりも礼金や更新料の設定されている物件が稀だということに驚いていました。

北海道の中心都市である札幌という土地柄ですから、賃貸マンションや賃貸アパートがぞくぞく建設されています。新築物件が供給過剰状態で、過当競争になっているとの話です。厳寒の札幌に転勤になった時、気候のことを考えると、少し憂鬱な気分になりました。

身体を心配した奥様が一緒に行くことになったので、少し安心したそうです。それが、二年後、定年退職してからも札幌に住みたいと考えるようになったそうです。

一人娘が札幌で教師になり、同僚と結婚したこと、両親の残した住まいや墓は兄が継いで、守ってくれていますから、こちらに住み続けることは可能です。

後輩夫婦もその娘夫婦も賃貸マンションで暮らしていましたが、娘夫婦と二世帯住宅を建てることにしました。

この北の大地で、やがて生まれてくる孫を囲んで、豊かに暮らしていきたいと考えたそうです。

定年退職後は、漫然と札幌に転勤以前に住んでいた埼玉あたりに分譲マンションを買って、余生を暮らしていくことを考えていました。

一人娘が嫁に行ったら、大きな住まいもいらないと考えていました。まさか、娘夫婦と二世帯住宅で暮らすなどという未来は考えていませんでした。

 人生には予想の付かない展開が待っているものです。

一人娘で、いつかは嫁に行くと思っていましたから、定年後は夫婦二人で頑張って生きていこうと話し合っていました。それが、一転しました。

心配した気候の厳しさも対策が施されていて、むしろ、関東の方がつらいくらいでした。あれから北海道の四季を満喫しているそうです。

古民家を訪ねて…

Posted by やまのももんが On 6月 - 18 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

現在は、日本各地を旅行しても、特徴ある都市の光景というのは少ないです。新幹線の駅舎はどこへ行っても、あのままですし、道路もアスファルト舗装で、ガードレールもあまり変わりません。

どこの都市にも、マクドナルドはあるし、ファミリーマートも見かけます。一度も訪れたことのない土地であっても、それらがあると、少しがっかりする半面、妙に安心感が得られます。住まいにしても、そうです。

マンションなどはいうまでもなく、気候風土を配慮した戸建て住宅というのは、少なくなりました。これも、工業製品化したせいかもしれません。しかし、古民家などを見ると、土地土地に根付いたものが形作られていて、当時の生活感を強く感じることができます。

 私が見た古民家は

京都の町家、木曽路馬篭や妻籠の旅籠、奈良の今井町街並み、

富山県の五箇山や岐阜県白川郷の合掌造り、飛騨高山の街並み、

岡山県倉敷の美観地区、山口県萩市の街並み、福島県会津の大内宿、金

沢のひがし茶屋街の街並み、北海道小樽市の番屋、

京都伏見、広島県東広島市西条の酒造りの蔵、京都伊根の舟屋などがあります。

京都のようにしとしとと降る雨に適した屋根の勾配は緩やかなのに対して、豪雪で知られた合掌造りは、かなりの急勾配です。職業によってもその建物の特徴が違います。金沢のべんから格子のお茶屋街と京都祇園のお茶屋とはまた雰囲気が違います。

その土地の匠が気候風土を考え、建物の機能を考えて、建てたものが今も保存されていて、興味深いものです。そういう匠の心が現在に通じるのが、地元の工務店さんだと思います。

古民家を見るたびに、現在の住まいは未来にどのように評価されるのかと考えてしまいます。現在の団地などが将来保存地区になって、保存されていくのかと考えると、私達は子孫に何を残すのかとふと思ってしまいます。